CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
maukie設置方法



ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NHK 住まい自分流DIY (ディーアイワイ) 入門 2009年 08月号 [雑誌]
NHK 住まい自分流DIY (ディーアイワイ) 入門 2009年 08月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

ウッドデッキを載せて頂きました。かんとりーぱぱとままも登場してます〜^^;
RECOMMEND
小さな庭~花を飾り野菜を楽しむ~ (別冊美しい部屋)
小さな庭~花を飾り野菜を楽しむ~ (別冊美しい部屋) (JUGEMレビュー »)

ウチの庭を表紙に使って頂きました。
庭P68〜P71、玄関P102に載せて頂きました〜♪
RECOMMEND
RECOMMEND
ナチュラルガーデニング+item
ナチュラルガーデニング+item (JUGEMレビュー »)

パパの作品をP75 P78〜P79に載せて頂きました〜♪
RECOMMEND
ナチュラルガーデニング (Vol.4)
ナチュラルガーデニング (Vol.4) (JUGEMレビュー »)

P99〜P103に載せて頂きました!裏表紙に、ウチの庭を使って頂きました。
RECOMMEND
ナチュラルガーデニング―手をかけたぶんだけ応えてくれる私だけの庭 (Vol.2)
ナチュラルガーデニング―手をかけたぶんだけ応えてくれる私だけの庭 (Vol.2) (JUGEMレビュー »)
編集部
P61〜P65に載せて頂きました。裏表紙に、ウチの庭を使って頂きました。
RECOMMEND
Loving garden―ガーデニングの新しい楽しみが見つかる一冊
Loving garden―ガーデニングの新しい楽しみが見つかる一冊 (JUGEMレビュー »)
主婦と生活社
花が好きスペシャルと同じ写真ですが、ままの庭がP14〜P17に載せてもらっています!!
RECOMMEND
イングリッシュ&ナチュラルガーデン―花が好きスペシャル
イングリッシュ&ナチュラルガーデン―花が好きスペシャル (JUGEMレビュー »)
主婦と生活社
かんとりーままの庭がP30〜P33に紹介されています。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 「ギター男」キターーー!  | main | 蛇がついてる女 >>
「8月のクリスマス」 
かんとりーまま…ただいまネットを お休み中 です。

でも!ここ数日言いたいことがあって、ムズムズ〜(笑)
それは今、公開中の邦画「8月のクリスマス」のこと…
いつもママがこのサイトを参考にして映画を選んでいるんですが…http://www.eigaseikatu.com/
なんと満足度が1位ではありませんかぁ〜びっくり
まあ、そのことに関しては別に悪いことじゃあないし…かえって、嬉しいかもしれない…でも…素直に喜べない自分がいる…(ーー;)

皆さんもご存知の通り…ママは「八月のクリスマス」が大好きです!
今まで見た映画の中で1・2を争う位、お気に入り映画〜♪
この映画でハン・ソッキュの大ファンになり、いまだにママの中では、
これを越える韓国映画はありません。

去年、日本でリメイクされる…って聞いて、不安だらけだったのです。
そして、ついに…公開されました。
不安は的中〜悲しい
「めざましテレビ」の軽部さんの映画コーナーで紹介された映像を見て、
驚いたぁ〜(;^_^ A フキフキ

なんだこりゃ〜

二人乗りのスクーターシーン


相合傘のシーン

アングルまで同じ?でした…(-_-;)

他にも、忠実(笑)に本家と同じシーンがありそうな感じ…(見てないからわかりませんが)
はっきし言って、同じ映画を作るならオリジナルの「八月のクリスマス」に勝てる訳がない!
そんな昔の映画じゃあないしさぁ、それにオリジナルって、
本当によく出来てる映画なのよぉ〜!
それをわざわざ危険を冒して(笑)リメイクする訳は?…

続き…

実は↓の部分は最初の私の発言なんだけど、”きらら”さんに違うと、
ご指摘がありまして…訂正させて頂きます。

"韓流ブームだからとしか考えられない〜〜!!!!
とりあえず、韓国の傑作映画でもリメイクしとけばヒット間違いないと思ったのね〜^^;"

この部分は”きらら”さんのコメントにもあるように、韓流ブームだからリメイクした訳ではないみたいです。(詳しくはコメントをお読み下さい)
申し訳ありませんでした。

続き…

オリジナル映画を見た方は分かると思うけど、セリフも少ないし…くわしい病気の説明もない…
映像を見ながら自分で想像するような…まさにホ・ジノ監督ワールド
あのシーン(上の写真)は、ホ・ジノ監督の感性で撮られた映像だと思うの…
それを日本の何にも考えていない監督が完全なるコピー映画を撮った…
リメイクという名のオブラートで包まれたパクリですよ!
監督として同じような映像を撮るって…映画マンとしての誇りはないのかしら?
あーーーー不愉快!!!!!!!
辛口で有名な前田有一さんのサイトに、ママと同じ意見を見つけました!
http://movie.maeda-y.com/movie/00602.htm

同じ映画を作ってどうするんだーーーー

あぁぁぁぁ〜この映画だけは、リメイクしてほしくなかった…

今回は本当に辛口になってしまってごめんなさい!
見てもいないくせに批判するな…と気分を害している方もいると思います。
これは、映画「8月のクリスマス」を企画、制作した側に文句を言ってるだけですので、お許し下さい。

作品自体は、評判が良さそうなので見てみたいけど…
ママはレンタルになるまで…私待つわ〜♪いつまでも待つわ〜♪byあみん
| 映画 | 11:07 | comments(15) | trackbacks(1) | pookmark |
コメント
はじめまして。きららと申します。8月のクリスマス、実は私もまだ見てないのですが、(こちらの公開は11月なので、)
「韓流ブームだからとしか考えられない〜〜!!!!
とりあえず、韓国の傑作映画でもリメイクしとけばヒット間違いないと思ったのね」という所だけ、ちょっと違っているかもしれないので、コメント差し上げます。この映画をリメイクしようと思った女性プロデューサーは、この原作の映画が大好きで、大好きで、是非場所を日本に移して物語を見てみたい、ということで、韓国に渡りリメイク権を取ったそうです。たぶん2年くらい前の話です。この原作映画の所有権が何度も変わり、現在、誰が持っているかもわからず、探し回ってやっと持ち主がわかり、リメイク権がもらえたのだそうです。で、誰が主人公をやるか、ということで、山崎まさよしが思い浮かび、山崎まさよしのOKが出たので、リメイクすることになったのです。監督が決定したのもその後です。この話はちょうど一年前、撮影を終えた後、ラジオで流れました。今年公開で四月の雪と重なり、韓流ブームに乗って、大ヒットをねらったって思われてもしかたないですよね。本当の所は私もわかりませんが、そのプロデューサーの八月のクリスマスに対する愛情がリメイクに走らせたものと私は思っています。大ヒットしそうな大きな場所でやってないですし・・・。私は早く見てみたいと思っています。
| きらら | 2005/10/03 2:22 PM |
>きらら様
はじめまして〜♪
書き込み本当にありがとうございました!
そうだったんだぁ…全然知りませんでした。
一部訂正します〜〜m(__)m

私は、どうも映画に対して(特にこの映画は)思い入れが強くて…^^;
韓国映画にハマったキッカケがこれだったので…
去年、リメイクの話を聞いて”この映画だけはやめて〜!”と、真剣に思いました〜(笑)
なんて説明していいかわかりませんが…そっとしておいて欲しい…感情でいっぱいでした。
なんか、秘密だったの宝物を見つけられちゃった…感じかな!

私はやっぱり「八月のクリスマス」はオリジナルって思っているのでレンタルですぅ〜(笑)
| かんとりーまま | 2005/10/03 2:59 PM |
さっそく、私のコメントにお答えいただきまして、ありがとうございます。ちょっとだけ誤解?が解けてよかったです。
「秘密だった、宝物を見つけられちゃった。」って気持ちよくわかります。
私も最近この映画をひさしぶりに見ました。(4回目) WOWWOWでやってたんですよ。じわーっと感動がやってくるステキに映画ですよね。何度見ても、感動がやってくる、見るたびに新しい発見がある。かんとりーままさんの韓国映画にはまったきっかけですものね。

先ほどのラジオの話、実は山崎まさよしのラジオでやってた内容なんです。私、山崎まさよしのファンなもので。それでは、またおじゃまします。ありがとうございました。
| きらら | 2005/10/03 4:56 PM |
映画生活のサイトで1位でしたね。
私は多分行けないので、レンタル待ちです。
ラストが違うらしくて、いろいろ議論になってます。(まだちゃんと読んでない)
| にこ | 2005/10/03 5:39 PM |
「八月のクリスマス」はビデオで観て、「8月のクリスマス」はまだ観ていません。
リメークと言っても要するに早い話がパクリで、これって韓国の十八番だったんじゃなかったけ?
え〜!韓国のをパクッてどうするの?
日本を舞台に撮りたいって、それって全然意味ないと思うけれど。本当に「八月のクリスマス」を好きな人がやるような事とはとても思えません!
| ツッチー | 2005/10/03 10:34 PM |
>きららさん
いえいえ、こちらこそ誤解が解けて本当に良かったです!
私って、思い込みが激しいから…(^^ゞまた間違っていたらドンドン言ってくださいね〜(ほんと、世話がやけます)
山崎まさよしさんのファンなんですねぇ〜♪私も好きですよ!
今回のハンさんの役…イメージに合ってると思うし〜!
彼の「月ときゃべつ」も大好きですぅ〜♪なかなかいい味だしてましたよねぇ〜
そうそう、「八月のクリスマス」は一回目より二回…三回…と、見る度にに良さがわかる映画ですよね!
私はDVDを持っているので「初恋のきた道」と同じ位、何回も見ています。
その度に(T_T) …
私の本家サイト http://mycountrylife.com/ で、今お休み中ですが、映画のコーナーもありますので、よろしかったら見てくださいね!

>にこさん
わぁ〜い お久しぶりですぅ〜♪
書き込みありがとう!!
堂々の1位を獲得してましたねぇ〜
にこさんは予告編見た?同じなんで(オリジナル)ビックリしました。
リメイクは別に構わない(でもこれは嫌だったけど)でも、同じ映像を撮るのはちょっと…(-_-;)
もし私が作りて側だったら、意地でも(笑)同じ映像なんて撮らないわぁ!
だってさあ、同じ映画を撮ってどうするの!って…オリジナルがいいのが当たり前じゃん!
おっとぉ〜熱く語りすぎた… 私の独り言だと思って流して聞いてください〜(笑)
うそぉぉぉぉ〜ラストが違うの?????どんな?気になるぞぞおおおおおお〜
あぁぁぁぁぁ〜また私の怒りが…(爆)

>ツッチーさん
おはよう!!!!書き込みありがとう〜♪
予告編を見てビックリこきました!だ、だ、だってぇ〜同じ映像が流れてるんだもん。
私の大好きなスクーターの二人乗りのシーンとか…(-_-;)
げ、げ、げ…いくらリメイクだってさぁ、同じような映像を撮らなくてもいいじゃん!
もっと頭を使え〜〜パクるな!!!!!!ハァハァ…(興奮してもうた)
ププッ ( ̄m ̄*)ほんとよね!”パクリ”を真似てどうするんじゃーーーー。
ツッチーさん!よくぞ言ってくれました!まさにその通り!
同じ映像(忠実に原作に近いらしい)を、撮ってどうするんだ!!!!意味がなーーーーい
あっ!…ちょっと過激すぎたわん〜(^^ゞ
| かんとりーまま | 2005/10/04 7:08 AM |
お久しぶりです。私も韓国映画大好き。ブームになる前からのかなりなマニアです。そして 「八月のクリスマス」好き。シム・ウナ&ハン・ソッキュだから あのひなびた町はずれの小さな古い写真店。病気が何だったのか?どうして何も話さずにいってしまったのか?多くを説明されず 私たちの想像にゆだねられる。だからこそ最後の写真店に彼女の写真が飾ってあったのを見たとき、二人の想いに心が熱くなる訳で。。。

はい!予告編見てしまいました!ものすごいオシャレな写真店。なんと同じシーン&同じセリフ。見た友達によると病気のこともすごくリアルに説明されてたそうです。最後の彼女の写真がショップのウィンドーに飾られてるのも一緒。山崎まさよしの歌が映画のストーリーにそって 作られた感じでした。私も行かない。なんで 同じ内容で作るんだろう?リメイクの意味あるのかな??韓国映画だから出せたあの映画。私も ブームだからって即リメイクは反対。
興奮してしまいました〜〜ごめんね!
急に涼しくなりました。。風邪に気をつけて。素敵なガーデニング生活。私も楽しませてください(ままさんのサイトで^^)
| yoko | 2005/10/06 9:05 AM |
>yokoちゃん
こんにちは!
きゃーーーーyokoちゃんも同じ意見なんで本当に嬉しいです。
どこのサイトにいっても…邦画「8月のクリスマス」は絶賛の嵐よ!
コピー映画だもん、感動するのが当たり前じゃん!
アングルまで同じ…って…そんな映画作ってどうするの?
まだ数年前の映画を、まったく同じ映像の映画を作る意味が、私も分かりません。
私も見た方に聞いたのですが、病気の部分は詳しく描かれていて、分かりやすかったと…^^;
あの映画の良さはyokoちゃんの言う通りで、自分で想像するから…感動が大きいのに…(企画側はこの映画の良さが分かっていない)

これを企画した女性の方はこの映画の大ファンだったらしいですが…いったい彼女は何をしたかったのか?
舞台を日本に移して…アングルも同じ映画を作って…
何の意味があるのか?
いくら映画の評価が1位だって…私が企画側だったら全然嬉しくないけど。(だから日本映画は韓国に負けちゃうのよ)
また色々発言しちゃうと…ですので(笑)訂正するのも大変なんで〜(^^ゞ
| かんとりーまま | 2005/10/06 11:47 AM |
カントリーママさん、またまた追加情報です。山崎まさよしが、完成後にプロデューサーの人に「なんで、リメイクしたかったの?」って聞いたそうです。そしたらね「泣きたかったの・・・」って言ってたそうです。この情報で、またまたママさん唖然とされたかな・・・。監督も山崎まさよしも、もともと映画を見ていたわけでなく、依頼されて、初めて見たようです。見た感じがすごく良くて、引き受けたそうな。プロットも二人で話し合って、考えて行ったようです。おそらく、アングルとかを忠実にって考えたのは、監督さんだと思います。どういう意図かは、わかりませんが・・・。ママさんも月ときゃべつ見られたんですね。あの映画も何度も見たくなっちゃいます。大好きな映画です。
| きらら | 2005/10/07 7:49 AM |
カントリーママさん、またまた追加情報です。山崎まさよしが、完成後にプロデューサーの人に「なんで、リメイクしたかったの?」って聞いたそうです。そしたらね「泣きたかったの・・・」って言ってたそうです。この情報で、またまたママさん唖然とされたかな・・・。監督も山崎まさよしも、もともと映画を見ていたわけでなく、依頼されて、初めて見たようです。見た感じがすごく良くて、引き受けたそうな。プロットも二人で話し合って、考えて行ったようです。おそらく、アングルとかを忠実にって考えたのは、監督さんだと思います。どういう意図かは、わかりませんが・・・。ママさんも月ときゃべつ見られたんですね。あの映画も何度も見たくなっちゃいます。大好きな映画です。
| きらら | 2005/10/07 8:06 AM |
ごめんなさい2回送ってしまいました。はずかしい・・・
| きらら | 2005/10/07 8:07 AM |
ちょっとコメントさせてください。
前田有一氏の辛い点数がよくわかりません。
あの方は韓国・北朝鮮・在日嫌いのハズです。
そんなお方がオリジナルを誉めること自体おかしい・・・
単に「リメイク」という存在が許せないだけなのでしょう。

オリジナルを知らない人の評判はいいみたいですね。
| kossy | 2005/10/07 11:51 AM |
>きららさん
わぁ〜またまた遊びに来てくれてありがとう〜♪
(*^m^*) ムフッ〜追加情報ありがとうございます!
「泣きたかったの…」ですかぁ〜それじゃあ、仕方ないわぁ〜(笑)
私も泣きたかったら、この映画見るもん!
「月とキャベツ」見ましたよ!篠原監督の映画ですよね〜。
山崎まさよしさんの初主演映画だっけ?
とても自然な演技で…ビックリしました。映画の雰囲気にピッタリで彼の為に作られた作品!って感じ〜
「8月のクリスマス」も、彼の演技は、かなり評価が高いみたいだし…!
なんか篠原監督の映画って、ホ・ジノ監督の映画の雰囲気に似てませんか?
篠原監督の「8月のクリスマス」…是非見てみたかった
もちろん主演は山崎まさよしさんでね。

>kossy様
はじめまして〜♪
書き込み、ありがとうございました!
そうですよねぇ…20点とはちょっと辛すぎかも〜^^;
彼って…そうだったんですかぁ〜知らなかったです。
でも、今回は私と意見が同じだったので紹介させて頂きました。
結構この映画は評判が良いみたいで、私みたいな意見は肩身が狭いですぅ…(^^ゞ
でも…映画って、みんなの意見が違うから面白いと思っているの…。
前田氏の意見!面白いじゃあないですかぁ!
私も、好きな映画をボロクソに書いてると、ちょっとムカつきますが〜(笑)
| かんとりーまま | 2005/10/07 5:54 PM |
映画のコーナー見させてもらいました。たくさん見ておられますね。私は大学生の時に(年齢がばれますね)転校生を見て、尾道にはまり、帰省の際、遠回りして尾道に何度も訪れました。50選の中に転校生が入っててうれしかったです。それから「ロックよ、静かに流れよ」実は私も好きでした。この映画の監督さんが8月のクリスマスの監督さんですよ。
篠原監督の映画、ホ・ジノ監督に似てるかもしれませんね。セリフは少なく、激しい描写はないけれど、心が暖かくなる、でもなんか切ない・・・いいですよね。
篠原監督は月とキャベツの主演はミュージシャンがいいということで、最初、奥田民生をイメージしてたらしいです。年齢は20代後半でバンドとして一世を風靡し、解散して活動休止。主人公の花火は彼そのままやったから、彼にオファー。でも断られたんですって。で、別の人探しにライブ会場で思い当たるミュージシャンを見に行ってんだけど、その人じゃなくて、たまたまデビューまもない山崎まさよしを見つけて、抜擢したんだそうですよ。はまり役でしたね。
| きらら | 2005/10/07 11:43 PM |
>きららさん
こんにちは〜♪
うそぉぉぉぉーーーー「ロックよ、静かに流れよ」の監督さんだったですかぁ〜
まさか…こんなところで繋がっていたとは…(笑)
きららさんも「ロックよ…」好きですかぁ〜?嬉しいです!
この映画って…隠れた名作ですよねぇ〜むか〜しむかしの、
フォーリーブスの「急げ!若者」←(誰も知らないわよね)を思い出しました。(死んじゃうところが)
マニアックですみません〜^^;
それから「転校生」もお好きだなんて〜感激ですぅ〜♪
なんかぁ〜映画の好みが私と同じなんで、めちゃ嬉しいです〜(^^)/

へぇぇぇ〜「月とキャベツ」って最初は奥田さんだったの?
ちょっとイメージと合わなーーーーいぃぃぃ〜
活動休止でよかったよね…(爆)
| かんとりーまま | 2005/10/08 10:36 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.mycountrylife.com/trackback/348233
トラックバック
8月のクリスマス
だんなちゃん(R)が初めて山崎まさよしに出会ったのは、「月とキャベツ」 それから、もぉ山崎まさよしの虜。 そして、日本映画の虜になりました。 日本映画といっても、主に単館系。 単館系に通う内に、アジアやアメリカ、ヨーロッパでも 単館ものが好きになっ
| 赤糸屋のつられてつらつら | 2005/10/05 9:22 AM |