CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
maukie設置方法



ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NHK 住まい自分流DIY (ディーアイワイ) 入門 2009年 08月号 [雑誌]
NHK 住まい自分流DIY (ディーアイワイ) 入門 2009年 08月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

ウッドデッキを載せて頂きました。かんとりーぱぱとままも登場してます〜^^;
RECOMMEND
小さな庭~花を飾り野菜を楽しむ~ (別冊美しい部屋)
小さな庭~花を飾り野菜を楽しむ~ (別冊美しい部屋) (JUGEMレビュー »)

ウチの庭を表紙に使って頂きました。
庭P68〜P71、玄関P102に載せて頂きました〜♪
RECOMMEND
RECOMMEND
ナチュラルガーデニング+item
ナチュラルガーデニング+item (JUGEMレビュー »)

パパの作品をP75 P78〜P79に載せて頂きました〜♪
RECOMMEND
ナチュラルガーデニング (Vol.4)
ナチュラルガーデニング (Vol.4) (JUGEMレビュー »)

P99〜P103に載せて頂きました!裏表紙に、ウチの庭を使って頂きました。
RECOMMEND
ナチュラルガーデニング―手をかけたぶんだけ応えてくれる私だけの庭 (Vol.2)
ナチュラルガーデニング―手をかけたぶんだけ応えてくれる私だけの庭 (Vol.2) (JUGEMレビュー »)
編集部
P61〜P65に載せて頂きました。裏表紙に、ウチの庭を使って頂きました。
RECOMMEND
イングリッシュ&ナチュラルガーデン―花が好きスペシャル
イングリッシュ&ナチュラルガーデン―花が好きスペシャル (JUGEMレビュー »)
主婦と生活社
かんとりーままの庭がP30〜P33に紹介されています。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
「疾走」


「疾走」 2005年 
 
映画評価 ★★★★(5点満点) あとから原作を読みました。

原作 重松清 
監督 SABU
出演 手越祐也 韓英恵 中谷美紀 豊川悦司 大杉漣


一人の少年に降りかかる悲愴な運命を描いた衝撃のドラマ。
圧倒的な筆力で描ききった重松清の傑作小説を、海外から高い評価を受ける「弾丸ランナー」「ポストマン・ブルース」のSABUが監督。
主演はNEWSの手越祐也、共演に「誰も知らない」の韓英恵。
中谷美紀、豊川悦司、寺島進など実力派が脇を固める。


甘えん坊の少年シュウジ(手越祐也)は、ひょんなことから町の嫌われ者のヤクザ“鬼ケン”(寺島進)とその愛人アカネ(中谷美紀)と知り合う。
しかしその数日後“鬼ケン”が変死するという事件が起こる…



いゃーーーーーぁ   ぶったまげ!!!!!!!!!!





知らんかった…^^;  こんなに重い作品だったなんて…。


原作は重松清さんだし、主演はNEWSの手越祐也君だし、題名も「疾走」
てっきり、ままは感動のスポ根映画かと、思っていました〜(^^ゞ
だって、ジャニーズだよ!バリバリのアイドルだよ!
よく、ジャニーズ事務所がOKしたわよ…




まったく、どういう映画か知らなかった、ぱぱとまま… >学習しとけよ


映画がはじまり…



あれ?スポーツ映画じゃあないの??????

えっ!やばいじゃん 

ひぇーーー手越君がぁぁぁぁぁぁ…(自粛)




感動のスポーツ映画かと思っていたから、ギャップが凄すぎて、
ぱぱとままは、口アングリ…(汗)



感想は、というと…
暗く重い作品で、あの原作(後から読んだ)をよく、2時間にまとめたなぁ〜と、感心しました。
映画の感想サイトでは、原作を越えられない…とか言ってる方が多かったけど、
ままは、けっこう良かったと思います。

特に原作ではR−18になるであろう…ダークな部分
ままは、原作を読みながら、もう充分じゃん!そこまで描かなくても…
重松さんて、S?(笑) 
まあ、このダーク部分は「疾走」の重要なところではあるんだけど…^^;
原作より映画を先に観た、ままから言わせると、あのくらいで(映画)充分です!


あまり薦められない映画ですが、暇があったら(体調がいい時に)、
観てくださいね〜♪
| 映画 | 12:43 | comments(0) | - | pookmark |
1本(予想通り)
何が1本? ( ̄〜 ̄;)ウーン・・・
















今年、映画館で観た映画の本数(あと一ヶ月ありますが、12月は予定なし)

去年のブログで予想した通り、1本です!
http://blog.mycountrylife.com/?day=20071229

ただし、つよぽんの映画じゃあないけど…(爆)  >ファンだろ?
観たのは、”実に面白い”の「容疑者xの献身」だけでした…^^;


来年は…0本になる可能性大です!



だって、だって…TV(衛星放送)の映画…綺麗すぎるんだもん〜♪
画質はブルーレイ! サラウンドも迫力満点!
やばいです!もう、レンタルDVD…観れませーーーーーーん

↑ 去年と同じこと言ってるよぉ〜f(^^;) ポリポリ


| 映画 | 07:58 | comments(0) | - | pookmark |
裁判員制度…^^;
いよいよ、裁判員制度がはじまりますね…^^;

http://www.saibanin.courts.go.jp/topics/08_11_28_saibanin_osirase.html




山梨では 5890人に1人だそうです…

因みに、当たる確率の高い地域は、函館地裁 2264人に1人
当たる確率の低い地域は、福島地裁本丁 20015人に1人


くじで当たった人(宝くじなら嬉しいけど)は、来月の11月28日ころ、
通知が届くんだってぇ〜(ーー;)
なんか…イヤだなぁ…


映画「12人の優しい日本人」みたいになりそうで…(爆)

http://ja.wikipedia.org/wiki/12%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%84%AA%E3%81%97%E3%81%84%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

最初にこの映画を観たのは、15、6年前…
当時は、裁判員制度なんて日本が、するわけが無い!って思ってました。




それが… まさか…現実になるなんてぇ〜(゜ロ゜) ヒョオォォ!



ままが、もし裁判員になったら…
映画みたいに、コロコロ意見が変わりそうだよぉ〜(^^ゞ




「12人の優しい日本人」(1991年)

監督 中原俊
脚本 三谷幸喜 東京サンシャインボーイズ

出演 塩見三省 相島一之 上田耕一 二瓶鮫一 中村まり子 

 

もし日本にも陪審員制度があったらという仮定に基づいて、
ある殺人事件の審議に奮闘する12人の陪審員の姿をユーモラスに描く。
東京サンシャインボーイズによる同名戯曲の映画化で、
脚本は同劇団主宰の三谷幸喜が執筆。
監督は「櫻の園」の中原俊。



本当に、よくできてる作品だと思います。
脚本もしっかりしてるし、流石!三谷幸喜さんです〜♪

観ながら…ウンウン、そういう人いるいる〜!なんて、笑っていたけど…
これが、現実になるんだよねぇ〜
ままは…人の意見に流されやすいタイプだから…映画みたいになりそうだ(笑)


映画評価 ★★★★
| 映画 | 08:08 | comments(0) | - | pookmark |
「恋空」



「恋空」



高校1年生の美嘉は、暖かい家庭で育った優しい女の子。
夏休みに入る前、図書室に忘れた携帯を取りに戻ると、
それまでのメールも電話帳も全て消されていた。
そこに見知らぬ男の子から電話がかかる。
「大事な友達なら連絡が取れるから大丈夫」
その日から、その少年からの電話が毎日来るようになった。
最初は不審がっていた美嘉だったが、次第にその少年に好意を持つようになった。
学校でその少年に出会った美嘉は恋に落ち…。




ふ〜〜ん そんなストーリーだったんだぁ〜 ((φ(..。)カキカキ







この前WOWOWでしてたから 最後の15分だけ観ました〜(爆)




もう、号泣〜〜  <(T◇T)>わぁああああ!

  


年取ると…人が死ぬシーンを見ただけで号泣できちゃうのよね〜^^;
でも、ストーリーも知らないのに、号泣しちゃうママって…

どんだけぇ〜    ←死語汗




  
それから…ここ数日「コドモのコドモ」で、
毎日もの凄い数のアクセス数になっています。
http://blog.mycountrylife.com/?eid=714408
やっと落ち着いてきたけど…多い時は1000人以上の方が、”コドモのコドモ”の検索に引っかかって、ここのブログに来ました。
この映画、興味も何もないから、知らなかったんですが、公開中なのね〜^^;






「コドモのコドモ」の検索で、ここに来た方! こんな映画、観ないで欲しいです。





制作者!小学生の性で、金儲けするなぁぁぁぁ〜





おっとぉ〜またまた話が反れちゃいましたぁ〜(^^ゞ
| 映画 | 09:26 | comments(2) | - | pookmark |
ミッキー・ローク (汗)
 

あーんなに、ポ二ョや、たけし監督の作品が金獅子賞だ!って、
日本のマスコミが大騒ぎしてたのに…何も受賞できないなんてぇ〜汗


http://movie.goo.ne.jp/contents/news/NFCN0015162/index.html



マスコミ!騒ぎすぎだっちぅねん怒りマーク
もぉ〜〜期待するじゃん!


ちなみにたけし監督の「アキレスと亀」は「パストーネ・ビアンコ賞2008(白い杖賞)」?という、訳がわからないやつ(笑)を受賞しました。





でも、やっぱ、今回一番びっくりしたのは…




金獅子賞に輝いたダーレン・アロノフスキー監督『ザ・レスラー』で主演の

ミッキー・ロークでしょう!!!!!びっくり








どっひゃーーーーですよ!





この美しい顔が…









これっすよ!    >しつこい
| 映画 | 11:07 | - | - | pookmark |
今年観た映画
「どろろ」
「ハンニバル・ライジング」
「舞妓 Haaaan!!!」
「トランスフォーマー」
「クローズド・ノート」


5本だよぉぉぉぉ〜冷や汗




少なすぎ…





ぱぱが50歳(おじさん)になって、いつでも1000円で、
映画を観ることができるのに…^^;  何故?




今年は、映画鑑賞より温泉巡りの方が楽しくなっちゃった…って、
いうのが、一番の原因だけど…(^_^;)
でも、他にも原因があるんです。
ちょっと我慢すれば、すぐに新作映画が衛星放送(デジタルハイビジョン)で観れちゃうし〜♪
衛星放送の映像はレンタルDVDより、ずっと綺麗だし〜♪(ブルーレイで観てる感じ)
映画館に行かなくても、5.1chサラウンドで臨場感が味わえるし〜♪
ま、映画館で映画を観なくても、それなりに家で満足できる…ってのが映画館に足を運ばなくなった原因かと…^^;


今年のはじめに映画館で観た「どろろ」も、もう、衛星放送でやったんだけど…
映画の感想で、暗く粗い映像がイマイチ…なんて、文句タラタラだったのに、
綺麗な映像で…ぶったまげました。
映画館で観た時より、映画を見入っちゃったわよ〜(^^ゞ


さ、来年は何本観るでしょうか?
2006年が10本 2007年が5本 



2008年は…


来春公開予定(?)なのに…世間では、まだ話題にも上らない(爆)
つよぽんの映画 「山のあなた〜徳市の恋〜」1本だけかも

| 映画 | 09:30 | comments(2) | - | pookmark |
「コドモのコドモ」
小学5年生の子供が出産する…という衝撃的な漫画が映画になるらしい…



「コドモのコドモ」

それで、この映画を協力する秋田県能代市が…
http://news.ameba.jp/hl/2007/12/9489.html



内容は、仲の良い小学5年生の幼なじみ2人が「性交渉」とは知らずに、
イタズラし、女の子が妊娠。
しかし、大人達は妊娠したことを信じない。
また、教師も親達も子供の気持ちはそっちのけで、自分の保身ばかり。
親や教師は頼れないと、同級生の協力で出産、育児をする、というストーリー。


これを映画化すること…意味わかんねぇ〜〜〜
この映画、誰に向けてるの?
ロ○コンのお兄さん、おじさん達? まさか、小、中学生じゃあないよね?

この映画を観て、”早く出産した〜〜い”とか”小学生がお母さんなんてカッコイイ!” なんてバカな子供が増えそうで怖いです。


今の小学5年生…確かに大人です。
私だって、小5の時には、おませなお友達がいたので、どうすれば赤ちゃんが、
できるか、知っておりました〜^^;

でも…まだ身体も未成熟での出産がどれだけ危険なのか分からないのか?
女性は、皆さん、命がけで出産してるんだよぉ!!!!!!

出産したあとは、どうするんだよぉ!
義務教育はどうするんだよぉ?
小5の親が育てるの?
金はどうするんだ!
育児を軽くみてませんか?

きっと制作側は、”この映画によって命の尊厳や友情など…”なんて、ご尤もなことを言うだろう…
でも、絶対おかしいよ!
なぜ命の尊厳に小5の出産が必要なのか?
私は、どれだけ子育てが大変なのかを知らない世代や、子育てに協力してこなかった、男性が制作しているに違いないかと思っちょります。(何弁?)

もし、どうしても小5の出産が必要であるんだったら、現実を見つめて、
義務教育も受けられず、友達と遊びにも行けない…ちょ〜悲惨な映画を作って欲しいです!


このブログを書くにあたって、いろんなサイトを覗いてみたけど、
中には、感動した…って意見があり、正直驚いています。

やっぱり、ままは頭が硬いのかなぁ?????


| 映画 | 09:47 | comments(6) | - | pookmark |
「バースデー・ウェディング」



「バースデー・ウェディング」

監督:田澤直樹
脚本:児玉頼子
出演:上原美佐 木村多江 田中哲司 忍成修吾



21歳になった千晴(上原美佐)は、結婚式の前夜、父(田中哲司)の、
礼服のポケットから5歳の頃の家族が映ったビデオテープを見つける。
それは、若くして亡くなった在りし日の母(木村多江)が、
大人になった千晴に宛てた切なくも愛情溢れるビデオレター。
「…ごめんね…あなたと一緒にいたい時間が、たくさんあったのに…
ちぃちゃんのそばに、いれなくなっちゃった…」
--思いがけない母との再会に、千晴は流れ出す涙を止めることができない。
そして、結婚式。
千晴は新郎(忍成修吾)とともに、天国から見守っていてくれる母へ消すことのできない愛情と感謝を伝えるため、とくべつな“贈り物”を準備する。




いやーーーーーぁ 泣いた (T_T)
もう、ヒクヒク声を出しながら…泣いちゃったよぉぉぉ〜悲しい
73分の短い映画なんだけど、65分くらいは泣いてかも〜^^;
こんなに泣いたやつって、韓国ドラマ「秋の童話」以来だわ…

ストーリーは本当にベタ…なんですが… 木村多江さんがいい!


ママの中での不幸が似合う女って、石野真子だったけど…(笑)
もう、木村多江さんが、癸韻世錙
石野真子さんって、殺人の匂いがするでしょう(サスペンスの見すぎ!)
でも、彼女の場合は、同じ不幸の女でも、違うだなぁ〜!!!!!!
美人薄命の匂いが…(藁)

もし、お母さん役が、ピンクの電話の”よしこちゃん”や、かつみ・さゆりの、
”さゆりちゃん”だったら…(例えが変!)
泣けたかなぁ?…(藁)
お母さん役が木村さんだったから、こんなに泣けたと思うわぁ〜(;_;)

ま、それだけ彼女が、適役だった…ってことっすグッド


とにかく、泣きたい人は是非見て下さい!

号泣まちがいなし!

映画評価  ★★★★

| 映画 | 11:23 | comments(0) | - | pookmark |
夫婦50割引
パパは、あと数日で50歳になります…^^;
本人はあまり嬉しくないようですが〜(笑)
ママは大喜び〜〜〜(*^^)v





だって!  映画が、いつ行っても1000円で観れるんだもん〜♪

http://www.eigakan.org/fufu/

パパ!ありがとよぉぉぉぉ〜


さて…何を観ようかなぁ〜映画
実は、何様エリカ様の「クローズド・ノート」を観たいのであります〜^^;
でもYahoo!の映画レビューを見ると…”絶対観に行かない!”
とか、エリカ様の批判ばかり…(映画の感想じゃあないじゃん)
オイオイ!観に行ってから書け!って言いたくなりました。
ま、あんな態度のエリカ様を見れば言いたくなるのも分かるけどさぁ〜(藁)
で!本当のところ、「クローズド・ノート」は面白いの?つまんないの?
(異常に評価が低いんで…^^;)
観た方がいましたら…率直なご感想をお聞かせください。
| 映画 | 08:57 | comments(11) | - | pookmark |
「沖縄やくざ戦争」
またまた、千葉真一特集ですぅ〜(笑) 


やくざ映画ってママは、ほとんど見ませんが、パパが見たいというので、
WOWOWの深夜、予約録画しました。


「沖縄やくざ戦争」 1976年 ★★


監督: 中島貞夫
出演: 松方弘樹 千葉真一 梅宮辰夫 渡瀬恒彦 新藤恵美


本土復帰が近づく沖縄を舞台に、地元やくざの凄絶な抗争を描いたハード・アウトロー・アクション。
国際派スター千葉真一を筆頭に、松方弘樹、渡瀬恒彦、梅宮辰夫らオールスターが豪華競演!



これは驚いた\(◎o◎)/!


何に驚いたって…







関根勤さん






千葉真一さんのものまね…  そっくりすぎる〜〜〜ぅ 

あの”フォーー”っていうやつが、そっくりなんで、ある意味、大感動〜(爆)
千葉真一の”フォーー”を見るだけでも、価値がある一本だと思います。
是非、ご家族で(ダメダメ)ご覧下さい。


えっ?!ストーリー? 
関根さんって、ものまね上手いんだぁ…って、感心してたから、
忘れちゃったわよぉ〜(^^ゞ





| 映画 | 08:32 | comments(0) | - | pookmark |
<< | 2/6PAGES | >>